2021新体制挨拶

ホームページ📸_210208_0.jpg

WILDERS2021

​主将 木村光貴

今年度、主将を務めさせて頂くことになりました、木村光貴です。

昨年度はコロナで始まり、コロナで終わると言ったとても大変な1年でしたが、保護者の皆様や、OB・OGの皆様、WILDERSを応援してくださった皆様のおかげで、金沢大学と試合を行うことができ、北陸優勝を達成することが出来ました。多大なるご支援、本当にありがとうございました。

今年度、僕たちの目標は『打倒東海』です。
でも、今この僕たちの目標を見て、『勝てるわけない』『そんなに打倒東海はあまくない』と思った方もいるでしょう。
そんなことは百も承知です。それをわかった上で、僕ら新4年生はこの目標を立てました。
今までの歴代の先輩たちと比べると、決してうまいわけでもなく、誰かスーパープレイヤーがいる訳でもない。僕らが1年生、2年生、3年生の頃の先輩たちと比べても、確実に実力は劣っています。

それでも、ただ、勝ちたい。めちゃめちゃアメフトが上手かった歴代の先輩たちでも負けてしまった全国リーグ。東海代表を追い詰めたことがあっても、それでも及ばなかった。
そんな東海を倒して、北陸に、福井県立大学に、歴史を作りたい。ただその思いです。

これを見ている皆様に、約束します。
絶対に勝つんで、それだけを信じて、応援してください。どれだけやっても勝てなかったら何も残らない。それは知っているし、結果が全てのこの戦いの世界でただ頑張ります。とはいいません。今までの比にならないくらいの努力は必要だし、死に物狂いで1年間やっても実力では東海に勝てるかどうかも分かりません。でも、必ず、勝利の結果で答えてみせます。この1年間見ていてください。

そして、現役のみんな。
今も含め、全員が今を全力でやっているか。
辛いこともたくさんあると思う。まだ、アメフトの面白さを感じられてない下級生もいる。だから、今どれだけ頑張っても、なんでこんなことやらなあかん、とか思うのも仕方ないと思う。
けど絶対に今の努力を辞めないで欲しい。
絶対後悔はさせんから。

そして、スタッフのみんなも、こんな形やけど、本当にいつも感謝しています。スタッフの大変さは絶対にわからんけど、僕らは支えてもらっていることや、めちゃめちゃ助けて貰っていることは分かります。だからこそ、スタッフのみんなにも必ず結果で応えたい。絶対に東海に勝って、応えたい。
そのためにもスタッフのサポートは絶対に必要やと思う。大変なことたくさんあるけど、この一年間、プレイヤーを信じ、4年生を信じ着いてきてください。

絶対に東海に勝って、本当にいい景色見せます。新4年生に、主将になった僕に着いてきてください。

長い挨拶になりましたが、言いたいことはただ1つです。
絶対に東海に勝つので、今年も応援よろしくお願いいたします。